抜け毛・薄毛 産後の対策特集

可愛い我が子のために 産後抜け毛のストレス解消




⇒ もう悩まないで!産後ママに優しい育毛剤はこれ!


どうして誰も教えてくれなかったの?

早く知っておけば良かった・・・。

損をする前に知っておくべきことがあります。


⇒ 産後、つらくなったママの心に効く!【良書10選】

産後女性の悩み 抜け毛と薄毛を治すにはどんな対策が必要なの?

産後の抜け毛・薄毛は出産を終えた女性が

 

経験するトラブルの1つです。

 

産後には適切な抜け毛・薄毛対策が必要となります。

 

出産は、可愛い我が子の誕生を迎えられる反面、

 

女性の体にとってとても負担のかかる一大イベントです。

 

産後の抜け毛がひどい!困ったママの賢い知恵などを

 

参考に、正しい抜け毛・薄毛対策をしていきましょう。

 

女性のはげ方は、男性とは特徴や原因が異なります。

 

おでこの生え際や頭頂部など、

 

一部が集中してはげやすい男性型のはげと違って、

 

女性のはげ方は全体的に髪の毛が薄くなるのが特徴です。

 

特につむじ付近は髪の分け目を作りやすくなるため、

 

薄くなった髪の隙間が目立つ傾向があります。

 

全体的に薄くなっている状態ですが、

 

髪のセットや分け目の問題から「特に」つむじ付近が

 

目立つため「つむじはげ」と呼ばれるようになりました。

 

出産の影響は、頭髪にもでてしまいます。

 

産後の抜け毛は、女性ホルモンの変化

 

原因となっていることがほとんどです。

 

妊娠すると、出産が近くなるにつれて、

 

体内で女性ホルモンが作られる量が増えます。

 

増加する女性ホルモンの中のロゲステロンは、

 

妊娠状態を継続させる大切な役割を持っていますが、

 

同時に、髪の毛の成長を促す働きもあります。

 

このホルモンの働きにより、通常は一定の周期で

 

生え変わるはずの髪の毛が、妊娠中は抜けずにそのまま成長します。

 

妊娠中、気づいたら今までよりも髪の毛や体毛が増えて、

 

毛深くなったと感じた方もいるのではないでしょうか。

 

出産を終えると、女性ホルモンが作られる量は減少し、

 

今までと同じ量に戻ります。

 

このため、今までプロゲステロンのはたらきで

 

成長し続けていた髪が、一気に抜け落ちはじめます。

 

今まで抜けていなかったものが抜けただけなので、

 

正常なことなのですが、急激に抜けるため心配になる人が多いようです。

 

産後の抜け毛対策としては、頭皮マッサージをしたり、頭髪ケアをすること。

 

また、パーマやカラーなど刺激の強いものは、

 

抜け毛が一旦落ち着いてからにしましょう。

 

大豆製品に含まれる、「イソフラボン」は

 

抜け毛予防や改善に効果的なので、食事に取り入れると良いでしょう。

 

あとは、精神的な面でストレスを溜めないようにすること。

 

そして、規則正しい生活習慣を身につけることが、

 

抜け毛の悩みから抜け出せる一番の近道かもしれません。

 

産後の抜け毛対策として有効なものの一つに

 

育毛剤があります。

 

医薬部外品で副作用や強い刺激の心配がないため、

 

妊娠中・出産後・授乳中でも安心してご使用できます。

 

また、効果・効能に

 

脱毛の予防、育毛、産後の脱毛、発毛促進

 

などが認められています。

 

急激に増えた抜け毛を減らし、少しでも早く出産前の

 

健康な髪の毛・頭皮の状態に改善するためにも、

 

育毛剤などを利用して、丁寧な頭皮ケアを心がけていきましょう。

 

個人差もありますが、一般的には産後6ヶ月頃には減り始めると

 

言われています。

 

母乳による赤ちゃんへの栄養補給や慣れない育児生活により、

 

お母さんは身体・心ともに不安定になっています。

 

人間の身体の優先順位で髪の毛への栄養補給は一番最後。

 

それが回復力が遅れる原因となっているため、

 

一番心がけて欲しいのは

 

髪の成長に必要な栄養の補給です。

 

産後の生理再開は抜け毛のサイン?生理のホルモンバランスが関係する?

 

生理前に抜け毛が増えるのは、ホルモンバランス

 

大きく関係しています。

 

産後女性の生理再開前には同じことが考えられます。

 

平均的には産後8カ月で70〜80%の人が生理が再開しますが、

 

産後1〜2カ月で始まったという人もいれば、

 

1年半以上こない人もいます。

 

 

産後,抜け毛,対策

 

 

授乳中のママは生理が始まりにくいとも言えるでしょう。

 

プロゲステロンは黄体ホルモンと呼ばれ、

 

身体を妊娠成立に向けて作りあげていくホルモンです。

 

プロゲステロンには皮脂の分泌を盛んにする要素があり、

 

毛根を詰まらせてしまいます。

 

そのため、プロゲステロンが増える生理前には

 

毛根は余分な皮脂で詰まった状態になり、

 

髪の毛が抜けおちてしまうと言う現象が起こってしまうのです。

 

抜け毛以外にも肌荒れやむくみなどがおこりやすくなります。

 

産後女性の生理再開前には、妊娠していない

 

一般女性と同じ生理前の抜け毛増加の現象と

 

同じようなことが起こっているのかもしれません。

 

今までに述べたように、食事や生活習慣に気をつけて

 

ホルモンバランスを整えるのが、生理再開前の産後女性に

 

とって、抜け毛・薄毛対策になるのかもしれませんね。

 

産後,抜け毛,対策

産後抜け毛と共にに気をつけたい産後の頭痛

 

出産後に現れる代表的な症状として、抜け毛があげられます。

 

そして、それに次いでよく耳にするのが「頭痛」です。

 

妊娠・出産は、女性にとっては

 

まさに命がけの大イベントであり、

 

どうしても辛さはつきものです。

 

そこへ加えて頭痛が起こってしまったのでは、

 

たまったものではありません。

 

妊娠中に起こる頭痛の原因ははっきりとは解明されていません。

 

ですが、一説によるとホルモンバランスと

 

因果関係があるのではないかといわれています。

 

そして産後の頭痛

 

産後,抜け毛,対策

 

これは、妊娠・出産で開く骨盤が歪んでしまい、

 

腰椎、頸椎、胸椎のすべてに歪みが生じて

 

しまうことが原因なのではないかと考えられています。

 

出産は、思いのほか体力の消耗が激しいものであり、

 

すぐには回復することができません。

 

普通分娩であればおよそ1週間、

 

帝王切開であればおよそ2週間の入院期間が

 

必要となりますが、その間にも赤ちゃんのお世話に追われ、

 

おちおち眠っている場合でもないでしょう。

 

ですが、授乳の時間以外は自由時間ですから、

 

無理にでも横になり、身体を休めることが大切です。

 

産後に起こりやすくなる頭痛の原因には、次のようなものがあります。

 

妊娠中には、ゆっくりと骨盤が開き、

 

赤ちゃんが産道を通過しやすいように身体が変化して行きます。

 

この段階ではおもに腰痛が悩みのタネとなることでしょう。

 

そして産後には頭痛がやってきます。

 

妊娠中にゆっくりと開いた骨盤は、

 

赤ちゃんが産道を通過する時点で一気に開き、

 

これが骨盤の歪みを招きます。

 

すると、腰椎、頸椎、胸椎にも歪みが生じ、

 

これが頭痛を作り出す原因ではないかと考えられています。

 

産後は体力を消耗しきった状態です。

 

退院し、少し落ち着いた頃に整体やカイロプラクティックに通い、

 

ゆっくりと骨盤の歪みの矯正を行ってみてはいかがでしょうか。

 

⇒ 産後の悩み骨盤ベルトは必要なの?


 
乾燥敏感肌は危険!急げ!毛穴スッキリ、正しい洗顔とは?